サカエ屋

花の種差し上げます

ご来店のお客様に、アグロステンマ(和名:ムギナデシコ)の種を差し上げます。店のすぐ外の路地(→「お休み処(金魚と花)」もご参照下さい)で栽培しています。

名称 アグロステンマ (Agrostemma githago)
(和名:ムギナデシコ)
草丈60cm〜1mで、直立します。
5〜6月に茎の先端に直径2.5cmほどの赤紫色の花をつけます。
分類 ナデシコ科
原産地 ヨーロッパ〜西アジア
栽培法 日当たりが良ければ、土質は特に選ばない育てやすい花です。
9〜10月(秋まき)もしくは3月(春まき)に種をまきます。
本葉4〜5枚のころ30cm間隔に定植します。
冬季には、敷きわらやモミガラなどで寒さから保護します。
秋まきしたものは5〜6月に、春まきしたものは6〜7月に開花します。
肥料・病虫害 麦畑に自生するほど丈夫なので、特に肥料をやる必要はありません。
病虫害も少ないです。
ふやし方 一度栽培すると、自然落下した種から毎年、芽が生えます。

ホーム

商品・サービス

季節の商品

Q&A

地図

歴史

お休み処(金魚と花)

子育てお役立ち情報

家族で挑戦!脳トレパズル

花の種差し上げます

Copyright (C) 2007-2015 有限会社サカエ屋 All Rights Reserved.